07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内牧温泉「新和苑」♪お食事編

2014年 01月17日 23:29 (金)

「親和苑 お風呂編」はこちら

内牧温泉
「親和苑」さん
「御料理旅館」親和苑さんの夕食です

離れの宿泊者は、本館の個室での食事 
本館の宿泊者は、各客室での食事 

時間になり食事処へ向かいます

ラウンジ奥にある山栗と言うお部屋へ
食事処1
雰囲気のいい個室のお部屋です。
食事処3

お正月気分の入った前菜達。
どれも美味しい
馬刺しと鱒のお刺身もうまうまですぅ
1_20140117160056c9a.jpg

汁物と、波野産のそば粉を使った蕎麦がき。
ふんわりしていて蕎麦の香りがよく美味しかったです
このお汁の海老にしても手込んでて見た目にも美しいですぅ。
2汁、そばがき

焼き物は「山女」
3山女

蛸の煮物 
4煮
レンコンの穴の中のは小豆あなぁ?が詰めてあったり
ゴボウにも詰め物がしてあり、一つ一つに手が掛けられています
4-1煮

揚げ物  
フォアグラと、ししとうと、??いもを練って揚げた物
このおいも(名前忘れちゃったの練ったのが美味しかった。
フォアグラと出されたけど、フォアグラなんて人生で2.3度しか口にしたことがない
なので分かんなぁ~い。とっても美味しかったけどあん肝のようでした
5揚

お口直しのシャーベット
さっぱりです
6口直し

炊きたての土鍋ご飯と自家製漬物
めっちゃ香りがいぃ旨い
7ご飯

あか牛最高
ステーキもローストビーフもうまうまです
岩塩、ワサビ、粒マスタード、たれ お好みでどうぞ
8あか牛

デザート3品
黒ごまのアイス、かぼちゃのブリュレ、レアチーズケーキ
黒ゴマのアイスめっちゃなめらかぁ~
9デザート

お腹いっぱいの大満足です
お部屋の照明が暗く技量もないのでなんだか美味しそうに撮れませんでしたが
実際は見た目にも美しく一品一品手が込んでいて丁寧に作られているのがわかります。
自家製のお米にお野菜、地元の食材をふんだんに使ったお料理でした。
お料理旅館と言われるのも納得の夕食に大満足でした

食後に暖炉のあるラウンジでちょっと暖まり
ラウンジ夜
だんろ2
手作りジュースをいただきました。
ラウンジジュース夜

食後お部屋へ戻ると
10夜食
こんな心使いがとてもうれしいです


=== 翌 朝 ===

早起きして朝風呂です
朝風呂入ってで贅沢な時間を過ごします
朝風呂2

8時朝食へ
朝食1
いやぁ~朝から盛りだくさん
朝食2

朝のラウンジに用意してあったバナナミルクが優しい味でとっても美味しかったなぁ~
ラウンジ朝

お部屋に戻りまた温泉
いつものことですが、これでもか!と言うくらい今回も温泉満喫させていただきましたぁ~

大変お世話になりました


*****おまけ*****
氷室京介さんのサインみっけ
BOOWY世代の私は大興奮
氷室さんが最近「新型Golf Variant」のCMに出てるのを見た方もいるかと思いますが
先月12月に阿蘇でのCM撮影時、ここ親和苑さんに数日貸切で滞在されたそうです
氷室さんサイン

また
*****おまけ*****
ここまで来たら行っとかなきゃ
朝ごはんたらふく食べたって言うのに行っちゃいました
いまきんさん
あか牛丼
あか牛丼
もちろん完食でっす
うちらの胃袋ってスゴイ

急遽決まった温泉行きでしたが、大満足の2日間でした
楽しかった

スノボもお山にも行かないとね
スポンサーサイト

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

内牧温泉「新和苑」♪お風呂編

2014年 01月17日 20:05 (金)

1月11日、12日 

温泉行きたい」とやってきました

本日のお宿
内牧温泉
「親和苑」さん

3連休の前日に決まった温泉行き
はたして空いているのか
ネットで調べてみると、やっぱり行きたいお宿は空いてない。。。
ダメ元で何軒かのお宿へ直接電話をして
数件かけたけどやっぱり駄目
HPで満室なんだから空いてないよね
と諦めて、これで最後とかけた親和苑さんで奇跡が
一部屋空いてた
しかも部屋風呂付きの離れのお部屋
HPで満室でも電話してみるもんだね

「御料理旅館」 と言う親和苑さん一度泊ってみたかったのです
立派な門松が迎えてくれました
1親和苑玄関
こちらのお宿も「日本秘湯を守る会」に加盟するお宿。
加盟宿に宿泊するのは2軒目です。
以前お世話になったのが「壁湯温泉 旅館 福元屋」さん
その時の記事はこちら「壁湯温泉 旅館 福元屋」

親和苑の玄関入って目に飛び込んでくるのがこちらの竈
奥には調理場があります。
2かまど

こちらがフロント?
3フロント

ラウンジには暖炉
4だんろ

離れのお部屋までは小路を歩き露天風呂への道をとおりこし
小路を進みます
5小路

すると、離れへの入口です。
「親和苑の離れ 杜の隠れ家」4部屋で
お部屋ごとにタイプが違います。
6離れ入口
先に進むと、左手にDVDや本など置いてある「杜の図書蔵」があります。
宿泊者は自由に借りることができます
7杜の図書館

私達のお部屋は一番奥にある和風のお部屋「梟」(ふくろう)
9-1ふくろう外観

玄関

9-2ふくろう2

エスプレッソマシーンが置いてありました
コーヒー好きの私にはとても嬉しいサービス
9-3コーヒー
こちら洗面台
9-5洗面S
ありゃりゃ
部屋の写真がこれしかない
撮ってなかったみたい。。。

こちらは部屋風呂
9-6部屋風呂1
早速入りま~す
お湯加減バッチリ
もちろん天然温泉かけ流し
無色透明匂いも少ない柔らかいお湯です

こちらは「敷地内案内図」
10敷地案内

こちらは中庭
8中庭
夏はビアガーデンをやっているそうです
春、夏、秋と木立の中のテーブル席で心地よい時間が過ごせそうですね
でも冬は寒いからむり

男女別露天風呂へと向かう途中には囲炉裏があり
お茶も自由に飲めるようになっています。
11いろり

切り石の露天風呂
12-1女湯夜1
いい雰囲気
12-2女湯夜2

翌朝入れ替わった露天風呂
13-1女湯朝1
こちらは岩風呂でした
13-2女湯朝2

後、露天風呂とは別に
本館に貸切になる切石の内湯があります。

親和苑の温泉は
入ってよし、飲んでよしの天然温泉なのですよ。

次回はお食事編へでぇ~す
「親和苑 お食事編」はこちら

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

和楽の里 たけの蔵♪ お食事編

2013年 10月11日 19:17 (金)

9月28日(土曜日)/

(前回のつづきです。。。)

わいた温泉郷・はげの湯温泉
 「和楽の里 たけの蔵」 

前回はお風呂を紹介したので
今回は、お食事の紹介です

【お食事編】 

お湯に浸かってのんびりしていると
もう一つのお楽しみの時間となりました
お食事処

しんのしろ1
食事処では新苗代の部屋の席だけ半個室のようになっていてとても良かったです。
しんのしろ

お酒の味は分からないんですが、
冷酒をいただいちゃいました。
飲みやすかったよ
n0

まずはこちら
n1
からしれんこんにつぶ貝・・・とカニだ
n1-1n1-1-1

馬刺し、馬肉の燻製、湯葉。
めっちゃうめぇ~
n1-3 n1-3-1

鶏肉とキュウリの和え物。
これおいしかったぁ
n1-2

チビオクラと鰹節を合えたもの
こんなちっちゃいオクラ初めて見ました
小指の先程の大きさなんですよ
n1-4

お吸い物
n2

こちらが名物の、温泉の蒸気で2時間蒸した鶏です
餡かけになってます。 おいしそ~
n3
仲居さんがスプーンとフォークを使って手際よく取り分けてくれます
お肉がスルリと骨から外れて見ててめっちゃ柔らかそう
食べてみると、身がふわっと軽く柔らかで、味付けも美味しかったです
n3-1

今の季節の焼き物は定番の鮎
n4

こちらは湯葉で何かを包んで蒸した物(忘れちゃいました
ふんわりしてて美味しかったです
n5

揚げ物はこちら
丸いのは里芋にとうもろこしを周りに付けて揚げてあり
サックサクでとうもろこしが甘くって美味しかった
他はベビーコーン、ししとう、餅麩。
n6-1

冷たいとろろ汁とご飯
このとろろ汁最高でした
n7

デザートは、マンゴープリンと梨。
n8
デザートまで食べきれず、お部屋へ持って来てくれると言うので
お部屋へ戻り、一息ついて温泉に入った後
お部屋でゆっくりいただきました


翌朝
m朝空
6時起床
早速朝風呂へ
朝から一時間半も温泉入ってました
部屋風呂があると好きな時に好きなだけ入れるからいいよねぇ~


朝食

m1-1
m1-1-2

温泉の蒸気で蒸したキャベツ
サラダ感覚でドレッシングでいただきます。
温泉の蒸気で蒸すと芯までやわらかぁ~くなるんだねぇ。。。
m2

食後のコーヒー
セルフで一杯ずつ挽きたて入れたてのコーヒーをいただけます。
m4

帰りの車の中ででも食べて下さいと
まだ温かい「地獄蒸しの温泉卵」をおみやげにいただきました
m3

お腹一杯になって、お部屋へ戻りまたまたお風呂タイム
m風呂a
毎回の事ですが、今回もこれでもか!と言うくらい温泉に入りました

今日の空は曇り空です。
雨が降らなければいいけどなぁ~

帰りたくないなぁ。。。と後ろ髪を引かれながらのチックアウト
笑顔の素敵なスタッフのさんが車が見えなくなるなで手を振ってお見送りしくださいました

館内の雰囲気、温泉、食事、接客。
全てにおいて素晴らしい宿でした
スタッフの方々も丁寧でとても感じが良く
さりげない心遣いや気配り、温かいおもてなしを受けました
コストパフォーマンスもすばらしいお宿だと思います

大変お世話になりました 
たけの蔵

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

和楽の里 たけの蔵♪ お風呂編

2013年 10月09日 19:23 (水)

9月28日(土曜日)/

(前回のつづきです。。。)

わいた温泉郷・はげの湯温泉
 「和楽の里 たけの蔵」 
2TAKENOKURA1.jpg
小国富士と言われる「わいた山」の麓にあるお宿です
お宿より見上げた↓わいた山の山頂には雲がかかってました
お宿より1

玄関を入たところです。
大きな花瓶にコスモスの花が生けてありとても素敵です。
6_20131008105613d9c.jpg
入って右手には雑誌など置かれた掘りごたつの休憩スペースがあります。
4_20131008105109858.jpg 5_201310081051102a6.jpg
こちら館内見取り図です。
見取り図
客室の数は全部で8室、そのうち5部屋に温泉が引かれています 

珪藻土の壁に黒光りした廊下に柱
落ち着いた雰囲気がとてもいいです
廊下
私達の今日のお部屋は一番奥にある
 「新苗代」 (しんのしろ)
13畳の和室 のお部屋です。
広々としたつくりの檜風呂がお部屋に備わります。
SHINNOSHIRO2.jpg

いったん部屋へ案内された後
しばらくすると女性スタッフが浴衣とお菓子を持ってやってきました。
女性は好みの浴衣を選べると言う嬉しいサービスです。
YUKATA.jpg

お茶と、手作りのきな粉餅
OKASHI.jpg

お部屋も綺麗で清潔感があります。
部屋01 部屋

洗面 部屋花

お部屋のお風呂 【檜の香の湯】
部屋風呂1-1
部屋風呂1
湯の花の浮く広い部屋風呂

目の前は黄金色に輝く稲穂が
たけの蔵さんの棚田だそうです
来週稲刈りすると言っていたので
もうすぐ新米がたべられそうですねぇ~

青空が湯船に写ってる
部屋風呂0

このお部屋には、部屋風呂の前に勝手口のよう出入り口があって
ここから、外のお風呂へと行けるようになってて
とっても便利でしたぁ~
勝手口

こちらのお宿には全部で4つのお風呂があります。
(男女別 露天・内湯 各1)
露天・内湯ともに、24時間利用出来ますよ。
23時に男女が入れ替わります。

露天棟。
露天1
向かって右
【蔵の湯】
露天2蔵の湯
反対側の【たけの湯】
は次の日覗いてみると「蔵の湯」とほとんど変わらない作りで、少し小さい感じがしました。
(写真はありません。)
平日は露天を21時まで交替制で貸切りで利用できるようです。

露天棟から右に見えるのが内湯棟。
内湯棟

【石風呂】
石風呂1
竹の照明といい、めっちゃ雰囲気のいい内風呂ですぅ~
石風呂2

【桶風呂】
桶風呂1
次の日の朝
こちらもなかなか
桶風呂2

YUNOHANA.jpg
露天(蔵の湯)、石風呂、桶風呂 入りましたがどれも
白いのい~~~っぱい浮いてます
たけの蔵さんの温泉は、湯の花の量が凄いです


お宿探索中に発見
敷地内にある「蒸し場」です。
ここで蒸したお料理が夕食に並ぶんだろなぁ楽しみっ
蒸し場


お部屋のお風呂の湯船にも湯の花がびっしり
部屋風呂2

夕食までの時間
お風呂に浸かりながら景色を眺め
部屋風呂より

贅沢な時間がゆっくりと流れます。。。


食事編へつづく。。。

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

豊礼の湯♪

2013年 10月03日 20:45 (木)

9月28日(土曜日)/

(前回のつづきです。。。)

【デュッセル】を後にして、向かうは本日の最終目的地の
湧蓋山の麓にある「はげの湯温泉」

今日はお宿にお泊まりなんですぅ~~~~~~~

とルンルンで向かっていたのですが
時計を見るとチェックインの時間まで1時間ほど時間が。。。
お宿までの通り道にある温泉にでも入ろうかと言うことに

この辺りにはコイン式の家族風呂が多くあります
私が以前行ったことのある所は
「守護神温泉」「くぬぎ湯」「豊礼の湯」どこも何回お邪魔していますが
今日は「豊礼の湯」に行くことにしました
ここはお湯の色がホワイトブルーなんですょ~
地獄蒸しも材料持ち込めば無料で楽しめるしね
さっき買ったウインナーを蒸して食べよう
それと明日温泉卵を作りに行こう思って
途中の道の駅でたまごゲットしていたのでそれも一緒に蒸しちゃおぉ

今日の食材は蒸すのにそんな時間がかからないので、
先にお風呂へ入りまーす
丁度、檜のお風呂が空いたのでそちらへ
豊礼の湯1
コイン式完全入れ換えの温泉です
入口でコインを入れると、凄い勢い良くお湯が出てきて
ヒノキ2
あっ、と言う間に浴槽いっぱいになり
その後お湯の勢いはおさまりますが
しばらくは少しずつお湯が出て湯船に注がれます。
ヒノキ4

ここは景色もいいんですょ~
目の前には涌蓋山
ゴールデンウィークに登ったお山です
ヒノキ1-1
極楽極楽
温泉最高
これから温泉宿にお泊まりってのに。。。
どんだけ好きなんでしょ
ヒノキ3
1時間濁り湯を楽しんで

次は地獄蒸し
こちらが蒸し場です
地獄蒸し1ムシバ
本日の食材は
道の駅で買った卵とデュッセルのウインナー(チーズグリラー)
地獄蒸し2マエ

まずは、卵投入
地獄蒸し3タマゴ
予熱で火が通るのを見越しての7分でしたが
少々読みが甘かった
私はもちょっと半熟のが好きなんです
お塩、マヨネーズ持参してまっせぇ~♪
抜かりはございません
お塩でパクり美味しいね
地獄蒸し4タマゴ

続いて投入したウインナーはお宿へ持ってって食べることにしました

卵もウインナーもなかなかの蒸し上がりです

では、では今度こそ
最終目的地の今宵のお宿へレッツゴーですぅ~

つづく。。。♪

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。