09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えんぱく♪ 九州最後の秘境に触れるハイキング

2014年 12月10日 22:32 (水)

11月29日 土曜日 

えんぱく  延岡のご縁をつなぐ博覧会
参加してきました


えんぱく1
「ひむかのくに えんぱく」とは
2010年から始まって、今年で5年目
私の地元延岡市を中心に展開する体験交流の催しです。
延岡のご縁(えん)をつなぐ博(はく)覧会という意味をこめ、つけられた名前だそうです。
全部で22のいろんなプログラムがあるんですよ~
詳しくはこちらをどうぞ
【えんぱく】

私の参加したプログラムは
「九州最後の秘境に触れるハイキング」
「祝子川温泉美人の湯」が集合場所です
自宅から45分ほどで到着しました
思ったより早かった
だけど、えらい細い道でした
1_201412102112518ec.jpg
3_20141210211253fd1.jpg
大崩山がぁ~いい景色だぁ~
2_20141210211252616.jpg

参加者は15名
今日は大崩橋~舗装林道を(標高差100m)2キロのハイキング
ユス尾根展望所 から「大崩山」を眺めます
そして、美人の湯へ戻り、昼食をいただいて、温泉入って解散
ってなスケジュールです

大崩橋までは車で移動します
4_20141210211255dad.jpg
歩き始めて間もなく見えたのが
「ヤカンオトシ」と言われる大岩
見上げ、お口あんぐりです。さすが大崩山系の山々
6_20141210212108ad4.jpg

進みま~す
快適林道を歩きま~す
5_20141210211256e31.jpg
これから行く「ユス尾根」が見えてきました。
先の丸っこい辺りまで行けるそうです
7_20141210212109479.jpg

30分程で「ユス尾根」入口です。
8_20141210215853e6e.jpg
舗装路から外れ尾根へと進みます。
9_2014121021585463f.jpg

目の前には、先程見上げた「ヤカンオトシ」が
先週まで、有名なクライマーの方が来ていたようで
この岩に連日アタックしていたそうです
10_20141210215856bab.jpg

そして左手には大崩の山並みが
小積ダキが見えます
もう一度あそこに立ちたい
11-1_20141210220745dd8.jpg
以前の大崩山の記事はこちら→「大崩山」

12_2014121021585975b.jpg

13_2014121021591601c.jpg

景色を堪能して大崩橋までもどり、滝を見学
14_20141210215917ad1.jpg

ここが祝子の「大崩山登山口」です
16_2014121021592016c.jpg
いつの日かここから登れる日を夢見ている私なのです

ハイキングも終わり、美人の湯へ戻ってきましたが
参加者皆さん、健脚?な方ばかりでお昼まで時間がまだあると言うことで
急遽 「神さん山」 と 「七人塚」 へ案内していただきました
「神さん山」は解散後、個人的に行こうと思っていた所でした
まずは「神さん山」
20_20141210224614882.jpg

最近ここの取材が多く、パワースポットとして最近有名になってるそうです
21-1.jpg

次は「七人塚」
七つの石塚が並んであります。
九州各地に残る平家の落人伝説?だとか言うようなお話をしていました。
ちょっと怖い感じの所でした
22_20141210224619b4c.jpg

では戻ってお昼ごはんです
美人の湯裏の東屋での昼食です。
地元新米のおにぎり
23_20141210224636780.jpg

蕎麦粉で作った「そば団子汁」
24_20141210224637cc7.jpg

かぼちゃと鶏肉の煮物
25_201412102246394b3.jpg
地元の食材を使った心温まる田舎料理がとても美味しかったです
お漬物も美味しかったなぁ~

最後に温泉入って帰りました
26_20141210224640619.jpg

温泉の方の手書きの「神さん山」の地図
とてもわかりやすいです^^
皆さんもよかったら行ってみて下さいね
27_2014121022464249c.jpg



スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

黄色いお花の咲く大浪池へ♪

2014年 03月18日 19:37 (火)

3月15日(土)晴れ

【前回からのつづきです】

韓国岳より下山して
今度は大浪池の登山口へ移動します
黄色いマンサクの花は咲いているでしょうか

13:07登山口到着です
なにやら工事中
1307-1.jpg
避難壕の設置工事中でしてた
1307-2.jpg

登山道にはまだ雪が少し残っていました
1314.jpg
滑らように気をつけながら登ります
1340-1_201403181023479a5.jpg
13:43 着きましたぁ
1340-3.jpg
マンサクがどの辺りにあるのか分からない私達です
膝と相談した所、なんとか大丈夫そうなので
西周りで池を一周することにしました
NISHI.jpg
10分程歩くとこちらのポイントに
「マンサクと池と韓国岳」の写真
色んな方のブログなどで見かけます、皆さんここから撮ってたのでしょうか
他にもポイントがあるのかもしれませんね (私達はここしか分かりませんでした。。。)
1350マンサク カラクニ

道から外れ岩場に登ると、池が一望
ひょこっと岩場に出れる所が沢山あったけど、どこも少々怖かった
1351.jpg
綺麗だぁ~
1402.jpg
日の当たる登山道は雪が溶けてグチョグチョ
1415.jpg
日陰や林の中はまだ雪が沢山
1430.jpg
木道に出ました。こちらもまだ雪が残ってます
1437木道
避難小屋でしばし休憩
1440小屋
コーヒーとロールケーキ
ふわっふわで美味しかったよぉ~
1450おやつ

池の半分歩いてきましたが
初めに見たマンサク以外には見つけられず。。。
後半、半周に期待して
15:00出発です

キラキラしてとても綺麗です
1509池

キョロキョロしながらしばらく歩き
見上げるとマンサクが
1521-1マンサク
立派な木ですね~
高くて良く見えませんが、まだまだ蕾の方が多いようにみえます。
1521-2マンサク

高台に上がってみると、、、素敵な眺めが
韓国岳山頂より見る新燃岳や高千穂峰も最高ですが
こちらからもの景色もなかなかいいですね
1530シンモエ タカチホ

先に進むとマンサクも多く見られだし
崖の下にも
1546マンサク
このマンサクは濃い黄色をしてました
1548マンサク

1549マンサク

1551マンサク

1556マンサク

マンサクって変った花弁のお花ですよねぇ~
マンサク1
マンサク2
まだまだ蕾がたっくさんでこれからもっともっと綺麗になるんでしょうね
満開には早かったけど、大浪池のマンサクが見れてよかった
出来れば満開の時にもう一度きたいなぁ~~~

16:05
大浪池ぐるっと一周してきました
1606-1.jpg

16:35
登山口到着です
もぉー歩けません膝がギリです。でもなんとかもってくれました
1635登山口

今日の温泉はこちら
温泉

いやぁ~今日もたっぷり遊んじゃいました

今朝移動の車の中で師匠が
「行ける時に早く行っちょかんとまたいつレベル引き上げになるかわからんからね」と。。。
てなこって、次はあのお山へ行ってきまぁ~す
それまでに膝の痛みが治まればだけど。。。


イエ~イ
1606-2.jpg


テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

白い韓国岳へ♪

2014年 03月17日 20:07 (月)

3月15日(土)晴れ

今日は大浪池のマンサク観賞へ
6時に師匠がお迎えに来てお家を出発
小林インターで降りえびの高原方面へ
ゲゲゲッ
道路に雪、上るにつれつ増えてくる
前日雪が少々降ってたみたいだけど、まさか道路がこんななってるなんて
師匠の車ももちろんノーマルタイヤです
一応チェーンは積んでるそうで、一安心
道路1
「チェーン付けんでいいと?大丈夫と?」とビビって聞く私に
「まだ大丈夫じゃが、滑ったら付ければいいちゃから」
と超余裕の師匠
師匠が大丈夫と言えば大丈夫な気がしてくるから不思議です。
道路2
結局チェーン付けずに上がっちゃいました
このお方やっぱすげーです
めっちゃ頼りになる
師匠といれば安心。安心。

目の前に真っ白な韓国岳が見えています
「あっちに登りたい
「じゃ!行こう
と韓国岳行き決定
こんなの見たら登らずにはいられません
マンサクを諦めても登りたかった、白いお山
p1.jpg
駐車場は除雪作業中でした。
今日はここには駐車しません
お断りしてお手洗いだけお借りしました
p2.jpg

バス停のある所まで戻り駐車します。
0922.jpg
登山届を書いて9:30出発
0930.jpg

まさか雪の韓国岳へ登れるなんて思ってもいなかったので
嬉しくって嬉しくって
0943 2号目
足取り軽やか
0944.jpg

お天気もよくって
0957_20140317145334b3f.jpg
霧氷も見れて
まるで珊瑚
1004.jpg
最高

10:14
5合目到着。
見上げると、びっしり真っ白
1014 5号目

1016_201403171533372ea.jpg
大浪池が見えて来ました
1027 7号目

1038.jpg
ズンズンすすんで~
1040_201403171539563ab.jpg

うわぉ~
新燃岳と高千穂峰
1048_20140317153957285.jpg

10:52
韓国岳山頂到着でっす
1052山頂

ビューティフォー
カッチョぇーなぁ~
1055_20140317154000594.jpg

パノラで撮ってみました(ポチットとするつ少しおっきくなります。)
1058_20140317154021e24.jpg
ちょと風が強かったけど、
この景色を見ながらお昼にすることにしました
1110お昼
けど寒いので食べたらすぐに下山開始
「大浪池」を上から眺めてると
今日の当初の目的のマンサクも気になります。。。
膝の調子もあったので両方は無理だろうと諦めてたけど
今のところ膝も大丈夫そうだし、まだ時間も早いしって事で
一旦下山して車で「大浪池」へ移動しすることにしました
1124.jpg

今シーズン最後であろう 霧氷と雪 を思う存分楽しみながら下山します
1151.jpg
か2
マーキンぐぅ~
か

12:33
下ってきました
目の前には硫黄山です。
1232_20140317155444e0b.jpg
振り返り、ごあいさつをして韓国岳をあとにします。
1233.jpg

道路の雪ももうすっかり溶けてしまっていました
1235.jpg

さて
大浪池のマンサクちゃんに会いに行こう


つづく。。。



テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

えびの高原 池巡りと大浪池♪

2013年 11月11日 20:33 (月)

11月9日 

今日はえびの高原の池巡りと大浪の池へ
池を4つ巡ってきました
池巡りは初めてです

膝は心配だけど池巡りだし、大丈夫だろうと
今回単独でのえびの行きの予定でした
師匠は根子岳へ行く予定だったのですが
小林に引っ越した元同僚に会って帰ろうと言う話になり
師匠も一緒に行くことになりました

お家を6時に出発です。
2時間30分くらいでえびの高原到着です。
すでに路駐がいっぱいです
私達は420円払って駐車場へ

駐車場より韓国岳
いいお天気だね
855 Pヨリ




えびの高原駐車場(9:00) → えびの展望台(9:13) → 二湖パノラマ展望台(9:35) →
白鳥山(9:55) → 白鳥山北展望台(10:15) → 六観音御池展望台(10:45) → 不動池(11:35) →
硫黄山(11:40~12:50お昼休憩) → えびの高原駐車場(13:15)
~~~~~車移動~~~~~
大浪池登山口(13:40) → 大浪池(14:10~15:05) → 大浪池登山口(15:50)



出発します
858.jpg
2人とも初めての池巡りです、しばらく案内板を眺めます
900CHIZU.jpg

整備された歩きやすい道です、沢山の方が歩かれてます。
901.jpg
白鳥山の方へ進みます。
925.jpg

「二湖パノラマ展望台」
目の前には綺麗な二つの湖がみえています
二つの湖を一緒にカメラに納めようと試みますが
どんげやったもおさまりませんでした
935.jpg
白鳥山へ向かう途中
「あっ!そうじゃ!パノラマで撮ればよかったちゃ!」と気付くがもう遅い

んっでもって、
「白鳥山」(1363m)
山頂到着しました
白鳥山

池巡りコースめっちゃ気持ちがいいです
ゆ~っくりの~んびり歩きます。

白鳥山北展望台より六観音御池
1016.jpg

まだ綺麗な紅葉も残っていて楽しみながら歩きます
1040.jpg

六観音御池展望台
人がわんさかいます
1045_20131111145442883.jpg

1044.jpg
キレイだなぁ~
1053.jpg

1100.jpg

1125_20131111151001486.jpg

この池巡りコース始めた歩きましたが
気持ちのいい所でした
家から近いといいのになぁ~

目の前に見えていた硫黄山へ登ってみることにしました
硫黄山へ 硫黄山へ1
硫黄山へ登る途中からの不動池です
不動池

登ってきました
けど、標識とかなんにもないんですね。
時計をみるともうすぐお昼です。
きょうはここでご飯にします
硫黄山
定番になった、メザシ
今日は魚肉ソーセージも焼いてみました
メザシ オニギリ
お外で食べるご飯は美味しいねぇ
今日のデザートは栗きんとんとコーヒーです
今日も一時間ほどゆっくりして駐車場へ戻ります

硫黄山なんですが、
今はもう煙も硫黄の臭いもしてないんですね。。。
硫黄山3

駐車場へ戻り、トイレを済ませて車に乗り込みます 
大浪池登山口まで向かいます。

こちらの登山口駐車場も道路にも沢山の車です。
運よくすんなりとめることができました。

大浪池登山口出発です
大浪池1

途中2人の女の子を追い越すと、師匠はすかさず話しかけております。
トレランをしているようで、追い越した女の子達が後ろから走って登ってきました
その後ろにうちの師匠もひっついて一緒に走ってます
やっぱこのじじーただ者じゃねー
元気過ぎです

登山口より30分
「大浪池」到着しました
大浪池2

大浪池4


師匠に「うちはここでのんびりしょくか、池を回ってきたら?」と言うと
「おっ、じゃそうしようかね!あんたは膝が悪いからのんびりしたら、ゆっくり下りよきね!」と
お湯の入った水筒とバナナ一房を置いて
(一本じゃないんです一房なんです
時計回りで出発していきました。
しかし、師匠のあのザックからは
ドラえもんのポッケのように、なんでも出てくるんですけど。。。

ボーッと景色を眺めてると、
向こうの岩の上に師匠らしき姿が
大浪池3

ズーム↓やはり師匠です
それにしてももうあんな所まで
さすが師匠!早いゎ
大浪池3-1

私はコーヒーとお菓子でまったりです
大浪池5

15:05 そろそろ帰りましょ
大浪池6 1505

ちょっと膝も痛かったので
45分かけてゆっくり帰ってきました
大浪池7 1555
師匠も私が戻ってから
30分もせず帰ってきましたょ



今日の温泉はこちら↓
神の郷温泉
神の郷温泉

温泉でさっぱり綺麗になった後は
ここから3分の所のお友達(元同僚)の
お家にお邪魔しました
久しぶりに会って会話にも花が咲きましたぁ
美味しぃ夜ご飯までご馳走になっちゃって
どうもありがとうございました

今日は膝もそんなに痛くならなかったし
楽しく充実した1日でした

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

行縢山♪

2013年 11月06日 19:27 (水)

11月4日(月) /

紅葉の時期なのに
大船山に続き、三俣山にも行くことができませんでした
祖母以来、全くお山に行けてません
皆さんのブログを指をくわえてながめる日々です。。。

約一カ月前の祖母登山で膝が痛たくなって二週間後
湿布でももらっとくかと、軽い気持ちで病院へ
すると先生が・・・
「半月板かもしれんね。。。」と 『MRI』 を撮ることに
そんな大ごとなん???と心配に。。。
「もうお山へ行けなくなるかもしれん」 とふと頭を過ります。。。

結果が出るまでの数日。
三連休がやってきて。。。
「山行きてーーーーーー!!!」
「膝、全然痛くないのよね。
 お山に行きたいなぁ~
 大丈夫じゃね?多分大丈夫だよ!
 だって全然痛くないもん!」

遠くまで行ってなんかあったらいかんから、ホームのお山へ
てことで、久々にやってきました
「行縢山」
9:30 登山口出発
1_20131106104310c6c.jpg

10:00 滝見橋通過
順調♪順調♪膝いたくなぁ~ぃ
2_20131106104311008.jpg

今日は滝へ
3_2013110610431376b.jpg

10:25 滝到着
ちょこっと紅葉しておりますぅ~
4-1_20131106104314297.jpg
虹が
4-2-1.jpg
とりあえず滝までと登ってきたけど、大丈夫そうなので峠まで延長

10:55 峠 到着
5_20131106104334c63.jpg
膝。大丈夫じゃん
頂上まで行けそうよ
レッツゴ~

色づいた葉っぱやお花達を眺めながらのんびり登りました。
7_201311061127015a8.jpg
6HANA.jpg

11:45 山頂到着
大丈夫じゃん大丈夫じゃん
全然歩けるじゃん
8_20131106112707151.jpg
眺めはもやもや
8-1.jpg

ほっと一安心
で、お昼ごはんです
上まで行けたら食べようと(行く気満々じゃん)
カップラーメンと大好物の「抹茶大福」までちゃっかりザック入れておりましたのょ
(上まで登れたのは餌があったからかも!?。

9-1_2013110611270964c.jpg 9-2_20131106112719b44.jpg
私の大好きなこの大福。
大分のお菓子屋さんのなのですが。
大福って言っても中はふわっふわな抹茶のスポンジと抹茶のムースと生クリーム
栗あんと小豆が求肥でくるりと包んであるんです。
和菓子のような洋菓子。
こんな所で食べると格別に旨いっす

山が少しづつ色付き初めてました。
11.jpg

膝も今のところ痛くないし
美味しいお菓子を食べて
一人にっこにこで山頂での気持ちのいい時間を過ごしました

12:40 さて、そろそろ下山しましょう

と下山開始 たったの50m
「えっ ひざが ヤバっ・・・いかも・・・」
こないだの祖母の時と同じ所が痛み出し
進むにつれ痛みは悪化
膝を曲げると激痛が。。。
でも、痛いけどなんとか歩けるし
今からならゆっくり下っても暗くなる前には下山できるはず
とこの前とは違い、気持ち的には焦ることなくのんびり下山しました。

下山途中、痛い足を引きずりながら思う事は
「もうお山へは行けなくなるかもしれない」

いつもは1時間30分で下山する所
今日は、2時間20分かかってしまいました
丁度15:00 やっとかっと帰ってきました。

そんな下山途中にこんな実を見つけました

12青

12赤

12白


~~~ 翌日 ~~~

MRIの結果を聞きに病院へ
結果、半月板ではなかったようで一安心
右膝内側の裏に水が少し溜まっているようです。
なのですが、私の痛む場所は右膝の外側なんです。
MRIでは右膝外側には何も異常は見られなかったようです。
これってなんなんでしょう?
どしてそこが痛むの???
次回は腰のレントゲンを撮るそうです。
ん~~~
なぜあそこが痛むのか・・・
謎です。
まっ、とりあえずは半月板が何ともなくてホントよかった
「これでまたお山へ行けルン
でも・・・痛いんだよなぁ。。。

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。