02月 « 2014年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 04月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元越山♪

2014年 03月25日 20:07 (火)

3月23日(日)晴れ

3連休最終日
一度登山口の下見に訪れていた、お山へ行ってきました
山頂ではとても嬉しい出会いが待っていました
そのお山とは

お隣の大分県佐伯市 
【元越山】 (581.5m)


【コース】
色利登山口(9:15)~ 第一展望所(8:40)~ 第二展望所(9:12)~ 第三展望所(9:37)~
第四展望所(10:05)~ 第五展望所(10:23)~ 元越山山頂(10:38(休憩)~11:33 )~色利登山口(12:40)
【所要時間】約3時間25分(休憩込み)




色利登山口には広い駐車場があります
トイレも水道も休憩所まであるんですよ~
0908.jpg
駐車場から出て舗装路を少々上がっていくと
0908_20140324150622c10.jpg
登山口に到着
0914.jpg
展望台が各場所にあり見晴らしが良さそうですね
0913.jpg
さて、頑張って行ってみよ
0915.jpg
のんびり登って
25分程で「第一展望台」到着。
ここからの眺めはこんな感じ。
(登り写真撮り忘れで帰りに撮影した写真です。)
第一展望台帰り
ん~気持ち良い道
0928.jpg
アセビだ
0939アセビ

第一展望所から約30分
「第二展望台」到着。
0943-1第2
ここからの眺めは・・・正面には桜の木かな
0943-2第2

先に進むとツツジもちらほらと
0954ツツジ

これまた気持ち良い尾根道。
0949.jpg

第二展望所から約20分
「第三展望台」到着。
0957第3
第三展望所から約25分
「第四展望台」到着。
1004第4
どんどん景色が良くなってくるねぇ~

「木洩れ日の木径」
これまた素敵な道
1011コモレビ

しばらく歩くと林道に出ました。
林道を横切って山頂目指すのです
どこもかしこもかわいいアセビが満開
1026林道

第四展望所から約20分
「第五展望台」到着。
1027第5

山頂への分岐です。後5分で山頂
帰りにゆるやかコースを下ろうと考え
ここは左の「急登」をチョイス
1035分岐

10時38分
元越山山頂到着しました
1041山頂
山頂からは360度のパノラマが広がります
とても気持ちの良い所ですね
1042_2014032415433627d.jpg
四国も見えるそうですが、霞んでて残念ながら見えませんでした
1042-1.jpg

パノラマ撮影してみました
1042パノラマ

山頂にいた方々とお話をしていると
一人男性の方が登ってこられ、その方も交えお話を
どこかで見たことが。。。と思っていると
その男性は写真を撮り終え
昼食の準備を始めました。。。
それを見て
あぁーーーこの方は
いつも私が拝見しているブログを書いている方ではなかろうか
美しい山の写真や美味しそうな山ご飯の写真を載せてらっしゃって
山ご飯にあこがれる私はいつも拝見してました

多分、いや、絶対そうに違いない
勇気を出して声を掛けさせていただくと
やっぱりぃ~
ご丁寧に名刺まで頂いちゃいまして
めっちゃ嬉しぃ

こちらがYさんのブログです
【九重連山を歩く ~kuju report~】

以前くじゅうの白口岳山頂でもお見かけしたのですが、その時は勇気が出ずに
声をかけることができずにいたので、今回お会いできてとてもうれしかったのです
でもまさか、このお山でお会いできるとはびっくりでした

しばらくお話をさせていただきながら、
昼食の準備をするYさんの手際の良さに感心しまくりでした

私はと言うと今日は珍しくお腹が空いてなかったので
コーヒーとデザートの桜餅(写真撮り忘れました
この景色を見ながらいただきました
1123_201403241605467b5.jpg

いつか挑戦してみたい空の公園までの「元越天空ロード」
1124縦走路
一時間近くのんびり山頂からの景色とコーヒーとお喋りを楽しみ
Yさんにごあいさつして
またいつかどこかのお山で会えるのを楽しみに下山します
1144.jpg
帰りも眼下に見える絶景を眺めながら
かわいいお花達を愛でながらのんびりゆっくりかえりました

満開のアセビがとても綺麗
アセビ

椿も咲いてました
ツツジ

ミツバツツジの蕾かな
ミツバツツジかな

かわいい小鳥も見かけました
何て鳥なんだろう。。。
コンコンコンコンと木を突っついてたからキツツキなのか
トリ1
トリ2

【登山マップ】
CHIZU.png
整備された歩きやすい登山道山頂からの絶景低山ですがとってもいいお山でした
今度は違う登山口から登ってみよう、そしていつか天空ロードを縦走するのだー

今回もとても楽しい嬉しい山行でしたぁ~
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

翁草 と こうめさん♪

2014年 03月19日 19:15 (水)

2014年3月

家の庭の「翁草」(オキナグサ)の花が咲きました
翁草1
午前中はうつむき加減の翁草。
向こうに見えるお尻はこうめちゃん
生後4か月半。
すくすく育っておっきくなりました
翁草5
興味津々で近寄る こうめ
「パクッ」といきそうでちょっとドキドキ
翁草3
お日様が高く昇り温かくなってくると顔を上げる翁草。
翁草2
白い「沈丁花」(ジンチョウゲ)も綺麗な花を咲かせていました
ジンチョウゲ

庭を走りまわるこうめさん
こうめ庭1
雨上がりの庭を探索中
こうめ庭3
ジュースが飲みたいの
こうめ後姿

エリマキトカゲならぬ、エリマキこうめ
めっちゃ迷惑そうな顔してます
こうめエリマキ

あらドーベルマンみたいじゃない
こうめアップ2
もう一発ドアップこうめさん
こうめアップ1
「かんみ♪かーちゃん!オモシロ顔ばっかじゃなくって
 もちょっとかわいいアタシの写真を載せてワン」 byこうめ

イヒヒッ

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

黄色いお花の咲く大浪池へ♪

2014年 03月18日 19:37 (火)

3月15日(土)晴れ

【前回からのつづきです】

韓国岳より下山して
今度は大浪池の登山口へ移動します
黄色いマンサクの花は咲いているでしょうか

13:07登山口到着です
なにやら工事中
1307-1.jpg
避難壕の設置工事中でしてた
1307-2.jpg

登山道にはまだ雪が少し残っていました
1314.jpg
滑らように気をつけながら登ります
1340-1_201403181023479a5.jpg
13:43 着きましたぁ
1340-3.jpg
マンサクがどの辺りにあるのか分からない私達です
膝と相談した所、なんとか大丈夫そうなので
西周りで池を一周することにしました
NISHI.jpg
10分程歩くとこちらのポイントに
「マンサクと池と韓国岳」の写真
色んな方のブログなどで見かけます、皆さんここから撮ってたのでしょうか
他にもポイントがあるのかもしれませんね (私達はここしか分かりませんでした。。。)
1350マンサク カラクニ

道から外れ岩場に登ると、池が一望
ひょこっと岩場に出れる所が沢山あったけど、どこも少々怖かった
1351.jpg
綺麗だぁ~
1402.jpg
日の当たる登山道は雪が溶けてグチョグチョ
1415.jpg
日陰や林の中はまだ雪が沢山
1430.jpg
木道に出ました。こちらもまだ雪が残ってます
1437木道
避難小屋でしばし休憩
1440小屋
コーヒーとロールケーキ
ふわっふわで美味しかったよぉ~
1450おやつ

池の半分歩いてきましたが
初めに見たマンサク以外には見つけられず。。。
後半、半周に期待して
15:00出発です

キラキラしてとても綺麗です
1509池

キョロキョロしながらしばらく歩き
見上げるとマンサクが
1521-1マンサク
立派な木ですね~
高くて良く見えませんが、まだまだ蕾の方が多いようにみえます。
1521-2マンサク

高台に上がってみると、、、素敵な眺めが
韓国岳山頂より見る新燃岳や高千穂峰も最高ですが
こちらからもの景色もなかなかいいですね
1530シンモエ タカチホ

先に進むとマンサクも多く見られだし
崖の下にも
1546マンサク
このマンサクは濃い黄色をしてました
1548マンサク

1549マンサク

1551マンサク

1556マンサク

マンサクって変った花弁のお花ですよねぇ~
マンサク1
マンサク2
まだまだ蕾がたっくさんでこれからもっともっと綺麗になるんでしょうね
満開には早かったけど、大浪池のマンサクが見れてよかった
出来れば満開の時にもう一度きたいなぁ~~~

16:05
大浪池ぐるっと一周してきました
1606-1.jpg

16:35
登山口到着です
もぉー歩けません膝がギリです。でもなんとかもってくれました
1635登山口

今日の温泉はこちら
温泉

いやぁ~今日もたっぷり遊んじゃいました

今朝移動の車の中で師匠が
「行ける時に早く行っちょかんとまたいつレベル引き上げになるかわからんからね」と。。。
てなこって、次はあのお山へ行ってきまぁ~す
それまでに膝の痛みが治まればだけど。。。


イエ~イ
1606-2.jpg


テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

白い韓国岳へ♪

2014年 03月17日 20:07 (月)

3月15日(土)晴れ

今日は大浪池のマンサク観賞へ
6時に師匠がお迎えに来てお家を出発
小林インターで降りえびの高原方面へ
ゲゲゲッ
道路に雪、上るにつれつ増えてくる
前日雪が少々降ってたみたいだけど、まさか道路がこんななってるなんて
師匠の車ももちろんノーマルタイヤです
一応チェーンは積んでるそうで、一安心
道路1
「チェーン付けんでいいと?大丈夫と?」とビビって聞く私に
「まだ大丈夫じゃが、滑ったら付ければいいちゃから」
と超余裕の師匠
師匠が大丈夫と言えば大丈夫な気がしてくるから不思議です。
道路2
結局チェーン付けずに上がっちゃいました
このお方やっぱすげーです
めっちゃ頼りになる
師匠といれば安心。安心。

目の前に真っ白な韓国岳が見えています
「あっちに登りたい
「じゃ!行こう
と韓国岳行き決定
こんなの見たら登らずにはいられません
マンサクを諦めても登りたかった、白いお山
p1.jpg
駐車場は除雪作業中でした。
今日はここには駐車しません
お断りしてお手洗いだけお借りしました
p2.jpg

バス停のある所まで戻り駐車します。
0922.jpg
登山届を書いて9:30出発
0930.jpg

まさか雪の韓国岳へ登れるなんて思ってもいなかったので
嬉しくって嬉しくって
0943 2号目
足取り軽やか
0944.jpg

お天気もよくって
0957_20140317145334b3f.jpg
霧氷も見れて
まるで珊瑚
1004.jpg
最高

10:14
5合目到着。
見上げると、びっしり真っ白
1014 5号目

1016_201403171533372ea.jpg
大浪池が見えて来ました
1027 7号目

1038.jpg
ズンズンすすんで~
1040_201403171539563ab.jpg

うわぉ~
新燃岳と高千穂峰
1048_20140317153957285.jpg

10:52
韓国岳山頂到着でっす
1052山頂

ビューティフォー
カッチョぇーなぁ~
1055_20140317154000594.jpg

パノラで撮ってみました(ポチットとするつ少しおっきくなります。)
1058_20140317154021e24.jpg
ちょと風が強かったけど、
この景色を見ながらお昼にすることにしました
1110お昼
けど寒いので食べたらすぐに下山開始
「大浪池」を上から眺めてると
今日の当初の目的のマンサクも気になります。。。
膝の調子もあったので両方は無理だろうと諦めてたけど
今のところ膝も大丈夫そうだし、まだ時間も早いしって事で
一旦下山して車で「大浪池」へ移動しすることにしました
1124.jpg

今シーズン最後であろう 霧氷と雪 を思う存分楽しみながら下山します
1151.jpg
か2
マーキンぐぅ~
か

12:33
下ってきました
目の前には硫黄山です。
1232_20140317155444e0b.jpg
振り返り、ごあいさつをして韓国岳をあとにします。
1233.jpg

道路の雪ももうすっかり溶けてしまっていました
1235.jpg

さて
大浪池のマンサクちゃんに会いに行こう


つづく。。。



テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。