FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白口岳♪

2013年 06月18日 21:15 (火)

6月16日(日曜日)晴れ

今日は朝からいいお天気でっす
長者原朝

朝風呂に入り
身支度済ませてザックを担ぎ向かったのは
長者原のバス停
今日は前から一度してみたかった、牧の戸~長者原
長者原の駐車場へ車を置き。
バスに乗って牧の戸へ
普段は一日2本しか出ていない、長者原~牧の戸のバス
でも6/1~今日(6/16)までは臨時バスが沢山出ているのです
なので、気が変わって牧の戸へ戻ってもだいじょうブイ

7:05発の臨時バスへ乗り込みます。
バス1
バスは私の貸切臨時バスでした
バス2 (2)

ある日、くじゅうの地図を眺めてると・・・
「くじゅうのお山全部登ってみたい
登ろうと、その日から少しずつ着々と進行されているこの任務なのでありまぁ~す
マイペースで楽しみながらくじゅうを歩いております

今日も登ったことのないお山へ
歩いたことのないルートで
ってことで、行ってきました

【白口岳】 (1720m)
-------------------------------------------------------------------------------------
【コース】
牧の戸登山口(7:23)~ 星生山分かれ(8:40)~ 久住別れ(9:12)~ 池の小屋(9:37)~
稲星山(10:05)~ 稲星超(10:23)~ 白口岳(10:40(休憩)~ 稲星超(11:29)~ 石碑(11:57)~ 
久住別れ(12:25)~ スガモリ超(13:12)~長者原登山口(14:25)

【所要時間】約7時間(休憩込み)
-------------------------------------------------------------------------------------

出発
牧の戸

やっぱお天気がいいとテンションあがるぅ
展望台

前、来たとき見た山積みの木の板はこの階段になったんだ
その時の記事はこちら→【2013.2.10 くじゅう】
階段

沓掛より

ミヤマキリシマの名所の「扇ヶ鼻」
ホントは今日はずいぶん前から計画し楽しみにしてたお花見登山のはずだったんですが
今年は害虫の被害がひどいと聞き、お花見は断念していたのでした
実際に見てみると、やはり山肌のピンク感が少い
ピンクの絨毯には程遠い
去年6/14に訪れましたが、比べるとやっぱり全然お花が少なかったです。
その時の記事はこちら→【2012.614 ミヤマキリシマ】
扇ヶ花方面
扇ヶ鼻・肥前ヶ城去年はピンクピンクでホントにキレイだったのにね。。。
よりにもよってどうしてあの虫達はミヤマキリシマを食べちゃうんでしょうか?
他にも沢山柔らかくて美味しそうな新芽が沢山芽吹いてるのにね

星生山分かれ(8:40)通過
星生山

久住山が見えてきました
久住0

久住山の半分だけに雲がかかって
美しい
久住1

避難小屋へ到着。ちょっと休憩
ここまで、写真を撮ったりするのに立ち止まりはしましたが、腰を下ろしての休憩は初です。
別に意識したわけではなく、自然に休憩なしでここまで歩いてこれました
マイペースの、のんびりお気楽歩きだからでしょうね
あっ、そうだ!それと、今日は
立ち止まらずして水分補給の出来るハイドレーションをチューチューやってるからだな
避難小屋1

久住別れ(9:12)通過
今日は帰りここから下ってスガモリ超え経由で長者原へ下るんです
初めての道なのです
その前に白口へ行かねばね
久住別れ1

御池
天狗ヶ城・中岳は帰りに行く予定なので、池の淵を周り池の小屋へ
御池イキ

黄色のスパッツが干してある
コーヒーの出がらしも干して?ある。
なんだか誰かのおうちのように見えてきた
池の小屋
これから向かう「白口岳」
なぁ~んか雲が怪しげだな・・・
白口方面

白いミヤマキリシマやイワカガミ、コケモモ達に目を取られ
稲星超えへの分岐を通り過ぎたみたい。。。
シロ4
イワカガミ4

しゃーねーから登るか
と言ったものの、ヒーヒー言いながらやっとこさ登ったょ
稲星山

では、気を取り直して白口岳へ行こう
ここから先は未知の世界 ちょっとワクワク
と思ったら、進行方向は霧の中・・・
大丈夫か・・・無事たどり着けるのか・・・
きり
なんとか稲星超に付きました。
少し霧も晴れてきた
稲星超え

稲星超えより17分
白口岳到着
白口岳

三股山方面
みなさん山ご飯を作って食べてます
いい匂いが漂ってくるんですぅ~
いいなぁ~山ご飯って憧れです
白口岳ヨリ三股方面

私はと言うと・・・おにぎり2個
それにデザートとアイスコーヒー
中岳に久住山
白口岳ヨリ中岳
景色を眺めてまったりしてると。。。
あぁ石碑
池の小屋の上の方になんか石碑があるんだった
いつか立ち寄ってみようと思ってそのままに・・・
「いついくの」「今でしょ」てなわけで流行りに流され?(意味不明
中岳、天狗ヶ城には行かずに「石碑」経由で帰ることにしました
なんの石碑なのだろうか・・・

そうと決まれば、はよいこっ
帰りは稲星超えより中岳へ 楽チン
おぉーやっぱりここに出てくるのか~
分岐

池の小屋まで戻って、小屋の屋根より御池
池の小屋屋根より御池

後ろを振り向くと「石碑」です
ちょこっと登りまぁ~す
石碑0
到着
ん・・・
なんて書いてる?なんの石碑?なに?(@_@;)?ナニ?
帰って調べることにします
石碑1

池の周りをぐるっとまわって御池までおります。
ここは初めて歩きます。ここからの景色も素敵です
星生崎・硫黄山方向
足元にはマイズルソウの群生が
7_20130618152301.jpg

御池カエリ

久住別れに戻り、ここからスガモリ超えへ
久住別れクダリ
ここは結構急で岩も結構あります。
スガモリへ0

登られてる方達がいます。がんばれ
ここからは登りたくないなぁ~
スガモリへ2

北千里へ下りてきましたぁ~
北千里

ここを登りきればスガモリ超えです
スガモリへの登り

久住別れから50分
スガモリ超えに着きました
スガモリ超え

硫黄山を後にして
硫黄山
下山のコンクリート道は疲れた体にはこたえます
少しでもコンクリート歩きを減らそうと、こちらへ
DSCN4092_convert_20130618160131.jpg

スガモリ超えから70分で長者原登山口無事下山しました
長者原登山口


今日は歩いたことのないお山に道にとワクワクいっぱいの楽しい一日でした
やっぱ山はいいね

この日は父の日
焼酎好きの父親へのプレゼント
焼酎
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

2017年07月01日 15:27

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: しげじぃさんへ

2013年06月21日 13:01

こんにちは!
情報ありがとうございます。<(_ _)>
三角形の大岩なのですね!
今度北千里を歩く時はゆっくり探しながら
のんびり歩いてこようと思います。

北千里

2013年06月20日 23:04

こんばんは。
北千里の慰霊碑は見つけにくいです。三角形の大岩で、前に、幅20㌢高さ50㌢ほどの石柱があり、倶会一処(くえいっしょ)と書いてあります。またお酒のびんとかが供えてありますよ。

Re: しげじぃさんへ

2013年06月20日 12:56

初めまして。
コメントありがとうございます。
詳しくご説明いただき、とても勉強になりました。

あの後、池の小屋の慰霊碑について調べ大学生2人の遭難慰霊碑で
2010年に脱落した石板の修復作業が行われたことなども知りました。

しげじぃさんのコメントを読み
「北千里ヶ浜の遭難慰霊碑」の事
「リングワンデリング」と言う言葉など
知らない事ばかりで。。。 o(_ _*)o
何も知らず、知ろうともせず山へ登っていた事が恥ずかしく思えてきました。
16日に私が歩いたコースに「北千里ヶ浜の遭難慰霊碑」があったんですね。
大きな岩で作られていると言う慰霊碑に全く気付きませんでした。
今回、池の小屋の慰霊碑、北千里ヶ浜の遭難慰霊碑も
お参りすることなく帰ってきてしまったことが心残りです。
もう一度あのルートを歩いてこようと思っています。
楽しい登山ですが、危険と隣り合わせなことも忘れずいたいと思います。
未熟者の私です、これからもいろんな事を教えていただけると嬉しく思います。
つたないブログですが、また是非遊びに来て下さい。

Re: バボさんへ

2013年06月20日 11:57

おぉ~間違いだったんですね!
バボさんっってすごい人なんだなぁ~と本気で関心してました (≧▽≦;
牧ノ戸峠~長者原への自転車は楽しそうですね♪

Re: KsKさんへ

2013年06月20日 11:56

最近お山へは行かれてないんですか?
そう言えばお山の写真がない気がしますね。。。
お山で見る雲の流れはホント綺麗ですよね(^-^)
KsKさんのお山の写真も楽しみにしたますね!

慰霊碑

2013年06月20日 08:45

初めてお便りします。いつも楽しく見させてもらっています。石碑の話が出たので思わず書いてみました。
石碑は83年前の九大生2人の遭難慰霊碑ですね。お盆直前に台風の中で遭難。その後御池の避難小屋が作られたそうです。
それから、北千里ヶ浜には53年前の元旦の遭難慰霊碑がありますよ。初日の出を見に行った20歳くらいの大分と熊本の若者パーティ2組9名が吹雪にあい、くじゅう分かれから北千里経由ですがもり小屋へ向かっていて、北千里でホワイトアウトの中、リングワンデリングに陥り、遭難。翌2日に他の登山者が見つけ、すがもり小屋へ連絡、すがもり小屋のスタッフや登山者で救出するも、男性5名女性4名のうち女性2名しか助からなかったそうで、その慰霊碑です。くじゅう分かれから北千里に降りて100m前後すがもり越し側に歩いた登山道の右側2~30mのところの大きな岩で作られています。この遭難が契機で、すがもり越しにある鐘が設置されたそうですよ。私も聞きかじりですが、ぜひ知ってもらいたくて書かせていただきました。

こんばんは

2013年06月19日 23:53

何回もすいません。間違いです!!
逆です。牧ノ戸峠~長者原でした。
登山スタートする前に、体力使い果たしますよね・・・^^;

2013年06月19日 20:56

こんばんは^^
こういう日は雲の流れが綺麗ですよね~(^O^)
早い雲の流れを見るの好きなんですよね~^^
時間・時代が進んでいるのを感じさせられる気がするんで♪

はぁ~山の風景が恋しいです~!笑

Re: バボさんへ

2013年06月19日 15:19

こんにちは!
朝はとてもいい天気だたんですが、どんどん雲が多くなってきて少し残念でしたが
貴重な梅雨の晴れ間にお山に行けて良かったです(^-^)

ひょぇ~∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
長者原~牧ノ戸峠へと自転車でですか?
あの登りを自転車で・・・
考えただけで気絶しそうです(>_<。)
逆なら楽しそうですが(笑)
バスをまた利用して今度は違うルートを歩いてみたいです♪

Re: やまんちゅさんへ

2013年06月19日 15:03

なぁ~にをおっしゃってるんですかぁ~ヽ(´▽`)/
私まだまだ、バリバリの初心者ですょ!o(^▽^;)o
熟年の熟練登山者目指しますゎ!

歩いたことのない道やお山を歩くのは不安もありますがワクワクして楽しいですよね!
くじゅうは(牧の戸発は)いつでも登山者さんが沢山いらっしゃってるので安心して登れますし♪
久しぶりのくじゅうを気持ちよく歩けたので良かったですヽ(・∀・)ノ 

こんにちは

2013年06月19日 14:17

御一緒している気分で拝見させてもらいました!!
今の季節じゃしょうがないのでしょうが、
最近天気に恵まれていないので、青空が見えているだけでも羨ましいです。
まだバスを利用したことはないので、参考にさせてもらいます。
自転車を使って、長者原~牧ノ戸峠へとは考えていたのですが…
遊歩道を歩いたら、なんじゃないんでしょうけどね。^^;

すごいですね!

2013年06月19日 06:25

楽しい登山だったみたいですね。
ブログを読んでて、僕も九重に行った気分になりました^^

空がきれいな水色をしていて、夏空だなって感じがしますね。

それにしても、いろいろ立ち寄りながら牧ノ戸~長者原まで行くなんてすごいですね!
以前僕が山ガールを連れて、久住別れから北千里経由で長者原に下ったときは、
山ガールみんなバテバテでうんざりした感じでした(^^;)

かんみさんは、もう熟練者のスーパー山ガールですね(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。