FC2ブログ

09月 « 2018年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

--年 --月--日 --:-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大船山♪ 紅葉

2012年 10月17日 19:15 (水)

10月13日(土曜日) 晴れ

【大船山】(1,786.2)
_________________________________________
【コース】
今水登山口(8:20) ~ 前せり(9:12) ~ 大船山山頂(11:23) ~ 御池の淵(11:36) ~ 
山頂下広場(お昼休憩)(11:50着 → 13:40発) ~
トリイクボ(14:40) ~山入公墓(14:47) ~ 今水登山口(16:20)
 
【所要時間】 8時間(休憩込み)
_________________________________________

紅葉を見に
「大船山」行って来ました
これです
御池2
あまりの美しさに、とても感動したので今回先に写真を載せてみました
けどコンデジ撮影だし写真の腕が悪いので、美しさが伝えきれません・・・ゴメンナサイ
御池3


今日は会社の登山ベテランM師匠と、後輩と、私の3人
私、大船には今回始めて登ります。
私の乏しい山知識では、大船は結構ハードな山とインプットされてます。
そんなお山に、このパワフルな2人と一緒。
私は果たして付いて行けるのか・・・

でも今回言いだしっぺは私。
しかも、紅葉にはまだ早いと言うM師匠を
それでも行きたいから、多分絶対上は綺麗だと思うから、連れてって!!!
とお願いしての登山となりました!

5:50に家を出発

駐車場に着いたのは8:00頃
車止める場所あるのかな?と思うほどの車の数。
奥の方にスペースを見つけ無事駐車

雨女の私にしたは珍しく今日はとてもいい天気です
お天気がいい理由が登山途中で分かりました

今日の大船には「最強の晴れ男」が朝駆けで登っていたからだったのです!


さてさて、準備完了!で出発するとしましょう

ここから入って行きます
今水登山口(8-20)

分岐です。
「風穴・黒岳」としか書いてない。。。
どして「大船山」と言う案内がないの
私さっぱりわからず
ただただ付いて行くのみ。
分岐1(8-50)

ほらまた。。。「大船山」って書いてない・・・
ベテランのM師匠が「こっち」と
自分の庭のようにずんずん進んで行きます
分岐2(9-10)

「前せり」と言う所に到着
てか、ほらーーーー!まただよ!
これしか書いてない
分岐3(9-12)
こんな二股に分かれてるのに・・・
絶対一人じゃ無理だよここ
初めて来た人にもわかるように、もちょっと分かりやすい案内だといいのになぁ
分岐3-1
これ食べて元気出して、さぁ~出発
分岐3-2マーブルチョコ

このポールがある場所辺りを「赤ポール広場」と言うらしい
でもね、どう見てもこのポール赤くない、赤いビニールテープが所々巻いてたけどさぁ~
周り広場って感じじゃなかったとですよね・・・
きっと昔はポールに赤いビニールテープがぐるぐる巻きにしてあって、
広場だったんだろう!ネッ。
赤ポール広場(9-48)

ここまで多分殆ど展望が望めない登山道を歩いてきました。
(余裕がなかったから気が付かなかったのかもしれませんが・・・)
ここは振り返るとこの景色
キツかった今までの登りの記憶が吹っ飛びます
赤ポールより

あらららら
ミヤマキリシマが咲いておりますぞ
ミヤマキリシマ
ずんずんいきます
おぉおぉぉぉ
でました「大船山」ここにきてようやく見たかった文字を見ることが出来ました
分岐4(10-00)

見上げたら
うほぉ~
キレイ
もみじ

黒岳(かな?)
1.jpg
展望スポットでの一枚。
2.jpg
この辺りにまでくるとさっきまで「まだやっぱり紅葉にはちょっと早いね」
と言ってたM師匠が、「ん!こりゃ、頂上はいいかもしれんよ!!!」
に変りました
当然私の期待も膨らむばかり

この先まだまだ辛い登りが待ってる事も知らずにウッキウキな私
そのつらい登りの最中。。。
この時間に(11:00頃だと思う)もう下山してる3人の方が通路を譲ってくれました。
必死こいて登りながら、ごあいさつを交わし、すれ違いました。。。

「ん・・・あれ・・・今の人達、見たことあるような・・・」
登りの最中、頭が全く回りません
「あれぇ~えぇ~っと・・・」
気になって立止まり振返り・・・少々考える・・・
「あぁ!!!!!!!!!!!!!」
「tsurikichiさんだ!!!!!!!」

と思いだした頃には3人さんの姿は見えなくなってました

tsurikichiさんとはブログでコメントのやり取りをさせていただいてる、山登りの大先輩なのです
『エンジョイ登山』
私が気付くのが遅かったばっかりに、ごあいさつもできなかった事が悔やまれます。

そうそう
初めに書いていた
 「最強の晴れ男」 
とはこのtsurikichiさんのことだったのです

tsurikichiさん達とすれ違って少し登ると、こんな平たんな場所に出ました。
ここですれ違ってれば、きっとすぐに分かったはずなのに
と残念な気持ちでここを歩きました
3.jpg

いやぁ~それにしてもいいお天気だぁ~
それにキレイ
4.jpg

うひょーーーーーーーーー
すっごぉーーーーーいぃーーーー
なにここぉ
御池1
「えっ???池・・・着いたと?」
ヘバリ気味の私に、「もう少しじゃが~」「後ちょっと」と励ましてくれてたM師匠
「もう少し」と言いながら全然もう少しじゃなかったんだもん
だから、はーい。と受け流してたのだぁ~(M師匠ごめんなさい)

そしたら突然この景色
そりゃーびっくり、たまがりました

うわぁ~すごい!キレイ!を連発しここから動こうとしない私に
「まだ先があるとよ!ほら、頂上行って、池に降りて、広場に行ってご飯にしよや。」
「はぁ~~~い
自然ってすごいね
あんなにへこたれてたのに一瞬でめっちゃ元気になっちゃうんだからね

んじゃ、行きましょ山頂へ
池4
山頂は360°のパノラマが広がっています
M師匠。後ろには阿蘇
大船山山頂
段原方面。
段原
三俣山、くじゅう方面。
三俣山、くじゅう方向
湯布岳方面。
湯布岳
今からご飯を食べる広場が下に見えます。
広場
池まで降りてみます
池のほとり
池のほとり2

それでは、上の広場に行ってご飯にしまぁ~す
今日はこちら
ラーメン コーヒー2
今日も挽きたて入れたてコーヒー幸せ

食後お昼寝タイムに入った二人
お昼寝
そのお昼寝の長いこと長いこと
だってさ、11:50に広場に着いて、ご飯食べて、下山開始時間が13:40でしたのよ
1時間以上は確実に寝てた2人。

でもその間ボケーっと景色を眺めてたりして過ごし、時間はあっと言う間に過ぎちゃった気がします。
なんだかんだで楽しいお昼寝タイムでしたょ

2人のお昼寝の間。写真撮影会しました

自分撮りも試してみてみますが、こんなんばっかり
自分撮り2 自分撮り1

自分で気に入った写真をピックアップしてみました。
くも

カメラマン

くじゅう

阿蘇

紅葉7

ささっ!2人もようやく起きたし
帰りたくないけど、下山しないとね
登りとは違う道で下山です

おっこれは多分トリカブトでは
トリカブト

「トリイクボ」と言う場所に到着。
昔、竹田の軍隊が鉄砲の訓練を行った場所でそうです。
↑漢字はわかりません。。。
トリイクボ
トリイクボに咲いてたお花
お花 りんどう

少し行った所にお殿様のお墓があると言うので、寄って帰ることになりました。
お墓説明
彫られてる文字を読む師匠。
お墓
全部で三つの墓石がありました。
なんかヘリコプターの音がやたらと聞こえてくるようになりました
どこにへりがいるんだろねと三人で辺りをキョロキョロ
どんどん音が近付いてきて、うるさくなってきたと思ったら
私達の真上でホバリング
えっ?なに?なに???
えっ!こっちに向かって、何やらスピーカーで言っている・・・
でも、ヘリの音がうるさ過ぎて何て言ってるのか全くわからん
しばらく私達の頭上に留まっていましたが、
三人とも???な顔してたんでしょう。
頭上からは居なくなって、ちょっと下へ降りて行き、そこでホバリングしています。
私達も下山開始

「あのヘリは救助にきたっちゃわ」と言うと
師匠の下山スピードがどんどん速くなって行きます
やっとこさついて行く私。。。
後輩君もを引き離し下山していくM師匠
ついに2人おいてけぼり・・・
「どこ行った?前にいる?トイレに脇に入ったかな?」
と2人で心細く下っていると・・・
いましたM師匠
この山を熟知している師匠。
木々がなく開けているポイントまで猛ダッシュ
そして師匠の撮った写真がこちら
へり1
ヘリ2
後で聞いたお話によると。
下山中、足首を骨折してしまい
下山できなくなり、救助をよんだそすです
どうやらお墓でヘリが寄って来たのは、私達がヘリを呼んだと勘違いされてたみたいですね

師匠の下山ペースも通常に戻り
四差路に到着
四差路
そしてコンクリート道など、結構長い距離を歩き・・・
登山口に戻ってきました
登山口

七里田温泉に寄って汗を流して帰りましたとさ
温泉




















スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

Re: つる姫さんへ

2012年10月19日 13:15

こんにちは(^O^)/
大船山は坊がつるからだと結構な時間がかかるのでは?
どこから登っても大船山はキツいのですね。。。(ノ_・。)

朝駆けは「ウサギとカメ」ならぬ「カメとカメ」で
山頂まで競争しましょう!ヾ(@>▽<@)ノ(笑)

大船山

2012年10月19日 00:46

こんばんは^^
私は坊がつるからしか登ったことがありませんが、どこから登っても大船山はキツいような気がしますv-356
私にとってなかなか手の届かない山、だからこそもう一度行きたいって思うのかもしれません。
紅葉とってもきれいに色づいていますねv-353
しかも最強の晴れ男さんと同じ日だなんてv-218
うふ、朝駆けするときはこそっと予告せねばね。
と言いながらも、私も真っ暗な登山口にビビってしまうかも?
カメな私に付いてったら、山頂に着く前に夜が明けそうだわよ~(笑)

管理人のみ閲覧できます

2012年10月18日 23:14

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: tsurikichiさんへ

2012年10月18日 13:05

あははは・・・
宣伝しすぎましたかね?すみませんです。。。(^o^;

大船山の登りはとてもキツかったです(>_<)
今回のコースって近いんですか?
登りもですが、下りも、すごく遠く長く感じました。。。
でも素晴らしい紅葉を見る事が出来て本当に良かったです♪
どこぞの「晴れ男」さんのおかげで、お天気もめちゃくちゃ良かったですからね☆

生の救助活動も初めて見ました。
気を付けていても何があるか分かりませんもんね。
自分がヘリからワイアーで吊られ回収されるなんて、
想像しただけで気絶しそうです。。。
十分注意して、山登りを楽しみたいと思いました。

Re:ひーちゃんへ

2012年10月18日 10:00

こんな綺麗な紅葉初めて見たから、めっちゃ感動したよ!
登りはキツかったけど、頑張って登ってよかった(>∀<)
それにしても、M師匠の早さにはビックリだよ!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
けいちゃんと2人でマジで焦ったし(^o^;

いい季節だもんねぇ~♪
登れる時は登っとかないとね=3=3=3
今週末もお山行ってきます♪
ひーも今週末はマラソンだね☆
完走目指して頑張って(^O^)/

こんばんは。

2012年10月17日 22:04

レポートがUPされるのを首を長くしてまっていました。
大船山は久住山・中岳などに比べると結構ハードな山でしたでしょう?
おまけに今回登ったコースは近い代わりに展望は望めません。
紅葉の時期やミヤマキリシマの時期以外は比較的、登山者は少ないですね。
でも、私的には大好きな山の一つです。
今回は天候にも恵まれて良かったですね。
それにしても記事中において、ド派手に宣伝してくださってありがとうございます。
これを機に、訪問してくださる方が増えるかも。(笑)
今回の登山では救助活動の場にも遭遇したようですが、くれぐれもヘリの乗客になる事の無いようにしましょうね。

感動!!

2012年10月17日 21:41

毎週山登り、元気ですねー!!
紅葉すごいですね!!!! 感動(^.^)
あんなに変わるんだ♪
ヘリを見たときの支障の急ぎ足、そうぞうしたら笑える!
山登りして、頂上でカップラーメンとコーヒー、いいですな☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。